読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちゃんのようなしゃがみ込みをするためには?その2

前回お話しした続きで、しゃがみ込みをするためには「足関節(距腿関節)」以外にも「膝関節」も重要となっております!

 

膝関節の正しい動きを出すには

「スクリューホームムーブメント」という

動きをしっかり行えるようにすることです!

 

スクリューホームムーブメントとは??

 

膝の最大屈曲に伴う内旋は約20°で、最大伸展に伴う外旋は約10°とされています。

つまり、膝の完全伸展前の約30°あたりから、脛骨の外旋がおこることを指します!

 

これは座位でも立位による荷重位でも同じようにSHM(screw home movement)が起こっていないと、膝のアライメントにとって、非常に不都合な代償動作や関節・靭帯・筋肉などに負担がかかっていまいます。

 

これらを改善するには

・大腿広筋群

・半腱様筋、半膜様筋

にアプローチをかけることが大事です!

 

それらのエクササイズが

・ニースクワット

・レッグカール(徒手抵抗)

これらのエクササイズのコツとして

足関節内旋背屈ポジションで行うことにより、膝関節の動きもカップリングされるのでとても重要です!

 

本日の仕事で早速、実践してみたいと思います^_^